実戦(出会い・デート)で結果を出そう|PDCAのすすめ

モテへの道、最後の論点は「出会いの場を通じて実戦経験を積む」ことです。

あなたはこれまでの人生で何人の女の子と2人でデートを楽しみましたか。

10人以内という人もいれば、デートはたくさんの人としてきたという人もいるかもしれません。

  • 見た目の改善
  • 収入のアップ
  • 強靭なメンタル
  • 前向きなマインド

日々の生活でモテるために必要な努力や行動を行っているはずです。

これらの努力を結果につなげるためにも出会いの数を増やしていきましょう!

ここでは、出会いをいくつかのフェーズに分けて、考えていきます。

出会いのPDCAを回し続けよう

出会いと簡単に言っても、いくつかのフェーズに分けることができます。

チビモテ研究所では、3つのフェーズに分けてPDCAの研究を行っていきます!

  1. 出会う
  2. 連絡を取り合う
  3. デートする

この3つは連動していますが、努力や改善活動の方向は異なります。

3つのうち、どれか1つを極めてもモテへの道は成功に至らないので注意してくださいね。

出会いをデートへとつなぎ、あなたが定めるゴールへと導くことが最も大切なこととなります!

1:出会いの数を計画的に増やす

まず、1つ目のフェーズが「出会いの数を増やすこと」です。

あなたは出会いの場と聞くと、どんな方法が思いつきますか?

現代は、昔と違い、様々な方法で男女は出会うことができます。

  • マッチングアプリ
  • 婚活パーティ
  • 街コン
  • 相席屋
  • ナンパ
  • 会社の同僚

それぞれのメリットとデメリットがあることは想像できるでしょう。

今のあなたが持っている自信のレベルや立場、お財布の事情など、様々な要因によって取り組むべき方法が変わってきます。

ただし。

最も大切なことは、多くの女性と知り合い、コミュニケーションを取ることです。

女の子と出会い、連絡先を交換し、デートするためには出会いの母数を増やすことが欠かせません。

あなたの置かれた状況の中で最も出会いの数が増やせる方法を選択して、実践することが大切です。

その他、お得な情報や最新情報など出会いの場を増やすための記事はこちらもご覧ください!

リンク:出会いの場を増やす記事一覧へ

2:連絡を取り合う(LINEコミュニケーション)

出会いの数が増えてくると、必然的に女の子と連絡を取り合う頻度が多くなります。

そこで現代の大きな課題が「LINEコミュニケーション」となってきます。。。

あなたはLINEで連絡を取り合う中で、相手の機嫌を損ねてしまったことはありませんか?

私は思い出せないくらいあります。。。w

LINEを使って女の子とやり取りする場合は、外せない大前提を頭に入れておかなければなりません。

LINEは減点方式である

女の子と親密な関係になるためには、会って会話を重ねる以外にありません。

LINEは予定を決めるだけのツールであると、意識してコミュニケーションを取ることをおすすめします。

この大前提を踏まえながら、失敗しがちなLINEコミュニケーションを研究していきます!

LINEコミュニケーションに関する最新記事は次の一覧もご覧ください!

リンク:LINEコミュニケーションに関するカテゴリへ

3:女の子とデートする

女の子と出会い、LINEテストを乗り越えたあなたが迎えるのが「デート」という大舞台です。

デートへ誘って約束を取り付けても安心してはいけません。

女の子によっては、

  • 断りづらいから
  • 予定が空いているし
  • 悪い人じゃないし

こんな理由で、あなたに気がないにも関わらずデートを受諾することがあります。

やる気がない女の子とデートしても、食費だけでなくあなたの大切な時間を浪費するだけとなってしまいます。。。

無駄なデートをしないためにも、デート前の準備が欠かせません。

  • 相手の温度感
  • お店の予約
  • 身だしなみの準備

あなたができる準備の中で、最高の準備を行った上で、デートに臨みましょう。

デートは準備に準備を重ねても、完璧はありません。

最新の研究記事も併せてご覧ください!

リンク:デートに関する最新記事へ

さいごに

出会いからデートまで、最後の論点をご紹介しました。

チビでもモテるようになりたい。

この欲望とも言える意志は、クズと言われそうですがブレない軸でもありますw

身長が低いことで足切りされてしまう出会いももちろんあります。

しかし。

諦めないことで新しい出会いや満足できる出会いが得られることも事実です。

残念ながら正解のない世界ではありますが、一緒にこれからも自分が定めたゴールを目指して、共に研究を続けていきましょう。