モテたいなら1人暮らしを始めよう|場所選びと初期費用まとめ

実家に長く住んでいると、家事や料理など生活スキルが身につく機会が多くありません。

しかし。

最も大切なことは、自宅に女の子を呼べないことでしょう!www

女の子にモテるための要素として「1人暮らし」を推奨しています。

なぜなら、

  • ホテルへ誘う
  • 自宅へ誘う

あなたはどちらの方が誘いやすいでしょうか?

結論から言えば、私は自宅の方が誘いやすいと考えています。

また、1人暮らしをすることで「料理」や「ゲーム」、「映画鑑賞」など女の子と2人きりになるための口実をたくさん用意することもできます。

今回は1人暮らしを始めるために、必要な次のポイントをご紹介します。

  • 1人暮らしをする理由
  • 場所の選び方
  • 初期費用の概算

1人暮らしを考えている人にとって、有益な内容をおまとめしたので、最後までぜひご覧ください。

1人暮らしをおすすめする理由

先ほども少し触れましたが、1人暮らしはモテるための必要条件の1つだと考えています。

自宅があれば、

  • ホテル代を節約できる
  • 2人きりになる口実が増える

などなど、モテにつながるメリットがあります。

1:ホテル代を節約できる

少しセコい考え方がですが、自宅があればホテル代を払う必要がありません。

ラブホテルの支払いはだいたい1回あたり5,000円〜10,000円ぐらいかかりますよね?

自宅があれば、こういった費用が全くかからなくなります。

毎月2回のデートとゴールを目指す場合、毎月2万円弱のお金を節約できると考えれば、1人暮らしを始めるメリットを感じませんか。

2:女の子と2人きりになる理由が増える

1人暮らしを始めると、様々な理由で自宅二次会へ誘うことができます。

例えば、、、

  • 自宅で飲みなおし
  • 映画を見る
  • ゲームする
  • 料理をふるまう(一次会)

などが考えられます。

もちろん、、、ラブホほどセックスに直結しないため、自宅で「グダ」が発生する可能性はあります。

ただし、これらを差し引いても1人暮らしの環境を整えて、女の子を誘うことのメリットは大きいと断言できます。

場所(立地)の選び方

1人暮らしのメリットが理解できたら、次は場所の選び方をご紹介します。

自宅があれば、どこでも良いというわけではありません。。。

繁華街から電車で1時間の場所に、1人暮らしを始めても二次会で女の子を誘うことができませんよね?

つまり、1人暮らしは「立地」が最も大切です。

たとえ、予算的に部屋が狭くなってしまったとしても、立地を優先するべきと断言できます。

都内であれば、

  • 新宿三丁目
  • 六本木
  • 麻生十番
  • 恵比寿
  • 表参道
  • 中目黒

などのデートに誘いやすい場所に1人暮らしをすることが望ましいです。

上記のような場所は家賃が高く、生活が厳しくなるという方もいるでしょう。

そんな時は転職を活用して年収をアップさせて行きましょう。

転職で年収を上げよう!ちびの転職戦略とは?

11月 24, 2018

1人暮らしの初期費用

さて、最後に1人暮らしに必要な初期費用についてご紹介します。

次の条件で1人暮らしを始めたとした場合の費用を表にまとめます。

  • 家賃:15万円/月
  • 敷金・礼金:各1ヶ月分
  • 保証料:1ヶ月

まず、引越し時に不動産会社へ支払う費用をまとめます。

敷金 150,000円
礼金 150,000円
保証料 150,000円
クリーニング代 32,400円
鍵交換代 21,600円
仲介手数料 75,000円
初月賃料 150,000円
合計 729,000円

不動産会社への支払いだけで、、、すでに70万円へ到達しました。。。w

保証料については、不動産会社によって異なるため、もう少し安くなる可能性があります。

次に、最低限必要な家具や家電の初期費用をまとめます。

冷蔵庫 20,000円
洗濯機 20,000円
電子レンジ 5,000円
テレビ 20,000円
ベッド 20,000円
寝具 10,000円
その他小物 5,000円
合計 100,000円

ここに挙げた家電や家具は本当に必要最低限なものだけを挙げています。

他にもテーブルなどを買い揃えると、もう少し費用がかかります。

不動産会社への支払いも含めると、80万円となってしまいました。。。w

あくまで目安として参考にしてみてください。

さいごに

今回はモテるための1人暮らしについてご紹介しました。

ポイントを振り返っておきましょう。

  • 自宅へ誘うことで女の子と2人きりになれる
  • 有名な街に住もう
  • 初期費用は多めにとっておこう

1人暮らしを始めると、家事や料理など、将来的に必要になるスキルも身につきます。

現在、実家に住んでいるのであれば今すぐ1人暮らしを始める準備をスタートさせましょう。

Pick UP記事

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です