目の前の女の子を追いかけてはいけない|1人の女性にコミットする怖さについて

ちびに限らず、モテない男性が取りがちな行動に「1人の女性を追いかけてしまう」ことがあります。

え?好きになった女の子を追いかけることの何が悪いの?

と怒られてしまいそうですねw

結論から言うと、女性は追いかければ逃げる生き物です。

あなたがいいなと思った女の子を追いかければ追いかけるほど、あなたの好きな女の子は逃げていってしまいます。

この原則を理解するだけでも、あなたのモテへの道筋は何歩も進んだと言えるでしょう。

とはいえ、言葉で理解できていてもロジックが理解できなければ実践できないのが男の特徴ですよね。。。w

今回は、なぜ非モテコミットがダメなのかご紹介していきます。

非モテコミットとは?

まず、非モテコミットという言葉を理解しておきましょう。

非モテコミットとは、あなたに優しくしてくれた「たった一人の女の子」のことを自分に好意があるんだと勘違いして、追いかけてしまうことを言います。

つまり、会社や学校であなたに優しくしてくれる女性のことを追いかけてしまうことを意味しています。

優しくしてくれる女の子を好きになってはいけない

そもそもの大前提として「優しくしてくれることと好意は別物」であることを理解しておきましょう。

よくよく考えてみると当たり前なのですが、恋愛経験が少なかったり、心が疲れていると勘違いしてしまいがちです。。。w

例えば、ひどい振られ方をした後に優しくしてくれる女の子がいたら、好きになってしまいますよね?

こういった場面で出会った女子を好きになってしまいがちですが、いったん落ち着くことが大切です。

プレゼントやおごりは逆効果

また、非モテコミットになってしまうと陥りがちなのが「プレゼントやおごり」を頻発することです。

もちろん、贈り物が効果を発揮するタイミングがあることは事実です。

しかし、相手の好意が自分に向いていないタイミングでプレゼントを贈っても「気持ち悪いだけ」ですw

辛いかもしれませんが、、、ここは大切なことなので理解しておきましょう。

女性を追いかけると逃げられる理由

非モテコミットを理解した後は、女の子は追いかけられると逃げてしまう理由を知っておきましょう。

結論から言うと、追いかけられている自分と追いかけているあなたを比較してしまうからです。

詳細な論点を見ていきます。

あなたと女の子の価値を比較する

  • 女の子を追いかけているあなた
  • あなたに追いかけられている女の子

この両者を見たときに、優位に立っているのはどちらでしょうか?

十中八九、女の子の方が立場が上になっているでしょう。

女の子は生物学的に見ても、自分より下の立場の男性を好きになることはほとんどありません。。。

つまり、あなたが追いかければ追いかけるほど、女の子から見れば「自分より下のやつに好かれている」と感じてしまうのです。。。

衝撃的な事実かもしれませんが、、、まずは受け入れることからスタートさせましょう。。。

自分より価値が高い男性と付き合いたい

女性の多くは「自分よりも立場や価値が高い男性」と付き合いたいと考えています。

ママ友の自慢合戦にも代表されるように、女の子同士のコミュニティにおいて、自慢できるまたはある程度体裁が保てる彼氏が欲しいのです。

つまり、自分にとっては少し背伸びをしたなと感じる男性をゲットしたいと感じています。

そんなタイミングで追いかけてくる男性を見ても、好意を抱かないのは仕方ないですよね。。。

女の子から追いかけられる存在になれ

非モテコミット、そして追いかけた女の子が手に入らない理由については理解していただけたと思います。

最後に、あなたが取るべき最適解を理解しておきましょう。

結論は「追いかけられる存在になること」ですw

複数の女性と同時進行でアプローチする

そもそも追いかけられる男性とはどんな存在なのでしょうか?

私は「手が届きそうでなかなか届かない落ち着きを持っている男性」だと考えています。

同じ時間を過ごしていても、落ち着いていて、自分(女性目線)に対して平常心で接していることが伝わってくる男性は「自分よりも価値が高い男性」であると感じさせることができます。

これを実践するためには「この子が失敗しても他にあの子がいる」という状態を作り出すことです。

つまり、複数の女性へ同時進行でアプローチすることがおすすめです。

平常心でデートに誘う

デートに誘う。この行為だけで緊張してしまう男性が多いことに驚きました。

  • 断れると怖い
  • 裏で噂にされそう
  • 既読無視されると怖い

こんな理由からデートへ誘うことにびびっていませんか?

デートに誘って断られたくらいで、あなたの人生に大きな影響はありませんw

むしろ、どんな誘い方なら受け入れてくれるのか、様々な方法を試すくらいの意気込みでチャレンジすることが大切です!

さいごに

今回は「女の子を追いかけることの怖さ」についてご紹介しました。

非モテコミットと呼ばれる現象はどんなに訓練しても、自分より上の存在だと感じる女の子が目の前に来れば、ダメだと思っていても取ってしまいがちな行動です。

だからこそ、常に意識して1人の女性にコミットすることなく、同時進行で余裕のあるオーラを出して女の子へアプローチしていきましょう。

Pick UP記事

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です