DIFFERENCE(ディファレンス)のオーダースーツ体験談|実際に作ってみたレビュー・口コミまとめ

身長が小さい人のスーツはオーダースーツが絶対おすすめです。

なぜなら、量販店などで売られている吊るし売りのスーツは一般的な体型をターゲットとしており、私たちのようなちびに合うスーツがあまりないからです。

詳しくは次の記事(ちびはオーダースーツがおすすめ)も併せてご覧ください。

身長が小さい人のスーツはセミ(パターン)オーダーが断然おすすめ

6月 11, 2018

そこで!

今回、私はDIFFERENCE(ディファレンス)でパターンオーダーのオーダースーツを作りました。

実際に作ってみて感じたこと、おすすめできるポイント、注意が必要なことをまとめます。

DIFFERENCE(ディファレンス)とは?

そもそもDIFFERENCEってどんなスーツメーカーなの?というところからおさらいしておきます。

DIFFERENCEはスーツメーカーのコナカが展開している、オーダースーツ専門店です。

一口にオーダースーツと言っても、いくつか種類がある中でDIFFERENCEはパターンオーダーの専門店となっています。

パターンオーダーとは、いくつかのパターン(型)をベースに、人によって異なるサイズを微調整する方式を言います。

そのため、骨格に合わせたジャストサイズのパターンをベースにして、袖丈や裾丈だけでなくお腹周りや胸回りのサイズも微調整することができます。

DIFFERENCEの特徴は「アプリ」を活用した簡潔な手続きです。

採寸は店舗で行う必要がありますが、以後の手続きや追加注文はアプリから進めることができます。

また、値段についても比較的リーズナブルに作れ、納品までの期間も他のメーカーと比べて早い傾向があります。

これらの特徴が本物なのかどうか、実際に来店してスーツを作ることで体験してきました。

DIFFERENCEのオーダースーツ体験談

DIFFERENCEのオーダースーツは大きく分けると3つのステップに分けられます。

  1. 来店予約
  2. 来店して採寸
  3. 受け取り

それぞれの流れをご紹介していきます!

1:アプリから来店予約

DIFFERENCEでオーダースーツを作る場合、まずアプリをダウンロードします。

アプリストアから「DIFFERENCE」のアプリをダウンロードします。

すると、会員登録画面となります。

様々な連動アプリで登録することもできますし、メールアドレスから登録することもできます。

私はFacebookから連動して登録を行いました。

ユーザー登録が完了すると、次の画面が表示されます。

次に、来店予約を行います。

DIFFERENCEはアプリ簡潔型ではありますが、採寸はサイズ感などを微調整する必要があるため、来店する必要があります。

まず、来店したい理由を選択します。ここでは「アイテムをオーダーしたい」を選択しましょう。

次に、詳細なオーダー内容を入力していきます。

今回、スーツ一式を作る予定ですので、スーツを選択します。

合わせてシャツのオーダーも検討していたので、シャツにもチェックを入れています。

好みのスタイルなどがあれば写真を追加することもできます。

次に来店するお店を選択します。

DIFFERENCEは都内の一等地に出店しているため、仕事帰りに立ち寄ることもできます。

私は四ツ谷店が近いので、四ツ谷を選択しました。

次に来店する日時を選びましょう。

カレンダーから訪れたい日を選択します。

その日に空いている時間帯が表示されるので、都合が良い日を選びます。

ここまで来れば、ほぼ終わりです。

最終の確認画面が表示されます。

予約が完了すると、登録したメールアドレスに確認メールが届きますので、間違いがないか確認しておきましょう。

さて。

予約が完了したので実際にお店へ行ってみましょう!

2:お店へ行って採寸

実際にDIFFERENCEのお店へ訪れ、スーツの採寸を行います。

私はDIFFERENCE四ツ谷店へ訪れました。

小さいお店ですが、奥行きがあり、綺麗な店舗となっています。

店内にはスーツに使用する生地が整然となれべられており、オシャレな空間となっています。

パターンオーダーのお店ということで、パターン(型)となるスーツやシャツが用意されています。

来店した後は、担当者と簡単な本人確認を行い、今日作りたいスーツの内容について相談します。

その後、店の奥に設けられた採寸・着替えスペースで詳細な採寸を行います。

スーツとシャツをオーダーしたのですが、それぞれのアイテムで採寸する箇所は次の通りです。

ジャケットの採寸箇所

ジャケットの型は「ラウンドショルダー」を選択しました。

  • 肩幅
  • 着丈
  • 襟幅
  • 胴回り
  • 右袖丈
  • 左袖丈

パンツの採寸箇所

パンツの型は「テーパード」を選択しました。

  • ウエスト
  • 渡り幅(足の付け根)
  • 股上
  • 右股下
  • 左股下
  • 膝幅
  • 裾幅

ワイシャツの採寸箇所

  • 肩幅
  • 着丈
  • 左裄丈(ゆきたけ)
  • 右裄丈
  • 胸回り
  • 胴周り
  • 右カフス周り
  • 左カフス周り
  • 裾周り

採寸が終われば、スーツを作る際に重要な「生地」を選びます。

店内には様々な生地が用意されているので、希望する色合いを伝え、いくつかピックアップしてもらいます。

  • ダーク
  • ネイビー
  • グレー

この3色が基本となります。

今回はネイビーの中でもダークネイビーを希望として伝えました。

スーツの生地はいくつかの値段帯が用意されています。

  • 35,000
  • 50,000
  • 70,000
  • 100,000
  • 120,000

この5段階で値段が設定されています。

今回はこの中から「50,000円の生地」を選択しました。

値段によって光沢や触り心地を自分の目で見て選べるのは楽しい作業です。

次に、オプションとなるアイテムを選択していきます。

具体的には、次のようなものがあります。

  • ボタンの種類
  • 袖のボタン
  • 裏地
  • フロントボタンの数・色
  • 襟ボタンホールの色
  • ポケットの形状

普通のサラリーマンなら、そこまでこだわらなくて良いでしょうw

オーダーシャツの生地も選びます。

シャツの生地は2種類の値段が用意されています。

  • 8,000
  • 13,000

品切れとなっている生地もあるので、注意が必要です。

ここまで来ればオーダー作業は終わりとなります。

納品日付を確認して、退店します。

5月27日に発注したスーツの納品は6月23日となりました。約1ヶ月ですね。

タイミングによっては3週間程度で納品されることもあるようです。

スーツの支払いはクレジットカードまたは現金となります。

3:スーツの受け取り

完成したスーツを受け取りにお店へいきます。

アプリから受け取り予約を入れておけば、来店するまでにスーツを広げてくれています。

実際にスーツを着用して確認することもできますが、オーダーしたスーツは1年後まで手直しが無料なので、問題があれば遠慮なく手直ししてもらいましょう。

大きなショッパーに入れてもらえますw

オーダーしたシャツも良い感じに仕上がっています!

スーツは専用の袋に入れてもらえるので、安心です。

ちなみに、ハンガーはスーツ専用のハンガーがもらえるので、新たに買う必要はありません。

実際に作ったスーツです。

DIFFERENCEのレビュー・口コミ

実際にDIFFERENCEでパターンオーダースーツを作ってみました。

DIFFERENCEのスタッフはスーツに精通していて、サイズ感についてもかなりアドバイスしてくれます。

かっこ良く着こなしたいと伝えれば、タイトなサイズ感を提案してくれるので遠慮なく言いましょう。

採寸にかかった時間は約60分くらいなので、お休みの日だけでなく仕事終わりにも気軽に立ち寄れるでしょう。

今回の発注で支払った総額を最後にご紹介します。

  • スーツ上下:50,000+3,000(裏地夏仕様)
  • シャツ:8,000×3=24,000(キャンペーンで20,000円に)
  • 合計:73,000+税

以上、DIFFERENCEをご紹介してきました。

初めてのオーダースーツ作りは来店して採寸してくれるメーカーをおすすめします。

実際に着てみて、サイズ感を確認しながら採寸すれば納得の1着を作ることができます。

あなたもオーダースーツデビューしましょう!

DIFFERENCE以外のオーダースーツについてはこちらもご参考にどうぞ。

身長が小さい人のスーツはセミ(パターン)オーダーが断然おすすめ

6月 11, 2018

Pick UP記事

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です