デートで使うお店の選び方3つのポイント|場所・座席・座り方まで

女の子とのデートで使うお店の選び方をご紹介します。

女の子とデートの約束を取り付ければ、お店を選ぶことになります。

え?それは当日の流れで決める?

馬鹿野郎!それは非モテ男子のデート例、典型じゃないか!

女の子とのデートで使うお店は戦略的に最も重要なことです!

これまで、なんとなくでお店を予約していた人はこちらの内容に目を通して、今後はデートのお店選びで失敗しないようにしましょう。

こちらの記事では次のポイントを順番にまとめます。

  • 場所の選び方
  • 店内の座席について
  • 座る場所について

それでは、デートのお店選びを学んでいきましょう!

お店の選び方:場所・立地編

まず、デートで訪れるお店の場所・立地についてご紹介します。

基本的にデートは「夕食」を想定しています。

となると、集合からディナーを楽しみ、盛り上がれば2軒目へ行くという流れになります。

このデートコースの中で最も重要なポイントは1軒目の場所・立地です。

それは「ゴールから逆算してデートを設計する」ことが重要だからです。

デートの成果から逆算する

もちろん、初デートでいきなり家やホテルに誘うことに抵抗がある方もいるでしょう。

しかし、何かしらの成果を得なければデートに誘う意味がありません。

最低でも「手を繋ぐ」くらいのチャレンジをこのデートで成し遂げられるようなプランを設計しましょう。

家・ホテルの近くで探す

これらの前提条件から導かれるデートに最適なお店の場所は「あなたの家またはホテルの近くにあるお店」となります。

例えば、渋谷を例に考えましょう。

渋谷と言えば、道玄坂のホテル街がゴール、つまり成果地点となります。

であれば、1軒目のお店は

  • 宇田川町周辺
  • 新泉駅の周辺
  • マークシティの周辺

がベストとなります。

2軒目は道玄坂のホテル周辺にあるバーがおすすめです。

こういったように、ゴールとなる場所の周辺で最適なお店をピックアップしていくことがまず第一歩となります。

次は「お店の中」が重要になります。

お店の選び方:座席編

お店の場所を選べば、次はお店の中、座席のタイプを選びましょう。

あなたはこれまでのデートで「テーブル席」を使ってきていませんでしょうか。

え?基本的にデートで使えそうなオシャレなお店はテーブル席でしょと言われてしまうかもしれません。

確かに、一般的なお店はテーブル席が多くなっています。

しかし。

デートで使うべき席はカウンター席があるお店であり、カウンター席を予約することです。

いいなと思ったお店の中にカウンター席があるかどうか、インターネットの情報サイトではわからないことがあります。

こんな時は次の方法で確認しましょう。

  • 直接お店へ電話
  • 実際に来店してみる

現実的には直接お店へ電話することが最善策でしょう。

ただ、時間があるのであればれ周辺を歩き、お店を外から確認するなどの方法を採用しても良いかもしれません。

ここで1つ、注意すべきポイントがあります。

インターネットで「デートにおすすめなお店」などと特集されているお店はカウンター席でないケースがほとんどです。

デートに最適なお店は「カウンター席」であり、ここは絶対に外さないでほしいポイントとなります。

お店での座り方

最後のポイントはお店のカウンターで「どう座るか」です。

あなたは女の子とのデートで座る位置まで意識したことがありますか?

カウンターでの座り方

カウンター席に座る場合は、女の子が右利きであれば左側に座りましょう。(左利きなら右側)

これはお箸を持つ手が常に机の上にあり、向かい合うことをガードする形となるからです。

理想はあなたと女の子が「ハ」の字のように向かい合うことが理想です。

右利きの女の子の左側に座れば、使わない左手は足元へさがり、身体が自然とこちら側に向きます。

あなたも右利きであれば、打ち解けた際に自然とボディタッチできるなどメリットの多い座り方となります。

テーブルでの座り方

残念ながらテーブル席でデートする場合は、どう座れば良いのでしょうか。

答えは「あなたが壁際に座る」です。

あなたが壁際に座れば、相手の目線はあなたか壁しか見えません。

もしあなたが気を使って、女の子を壁際に座らせると、女の子の視界にはあなただけでなくひっきりなしに動く店員さんや他のお客さんが目に入ります。

会話に集中することができないため、場が盛り上がらない可能性が大きくなります。

勇気を持って壁際に座るようにしましょう。

デートで使うお店は何度も通おう

あなたはデートで使うお店を毎回変えていますか。

もし、いつも違うお店を使っているのであれば次からは同じお店を何度も使うようにしましょう。

これはルーティーン化と言います。

同じお店、同じ2軒目、そして同じ口説きコースを何度も経験することで自然と口説くことができるようになります。

いつも通りのコースをいつも通りの振る舞いで過ごすことできれば、女の子から見ても「落ち着きのある男性」に見えます。

お店の人に顔が覚えられるくらいデートで使い倒してやりましょう!w

まとめ

今回は「デートで使うお店の選び方」をご紹介しました。

ポイントをおさらいしておきましょう。

  • お店は家またはホテルの近く
  • カウンター席は絶対
  • 同じお店を何度も使おう

女の子と1対1のデートに誘えている時点で、そもそもある程度の雰囲気情勢は成功しているはずです。

自身を持って、意中の女性との関係構築に集中しましょう!

Pick UP記事

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です